『童地獄・父子地獄』電子版配信開始


 2010年にポット出版から発売されたマンガ単行本『童地獄・父子地獄』が、電子書籍化されて各電子書店での配信がスタートしました。
 表題作である160ページの長編『童地獄・父子地獄』に加え、短編3本(『Der fliegende Holländer』『哀酷義勇軍』『告白』)を収録。

 電子版には紙本と同じ内容の合冊版と、収録作品それぞれをお手軽な値段で購入できる分冊版(マンガ本編のみ収録。初出一覧とあとがき、プロフィールは入っていません)があります。
 局部修正は紙本と異なり、大きめのモザイクになります。具体的にどのように違うかは、こちらのページ下方にあるサンプルでご確認ください。

【簡単な内容紹介】

『童地獄・父子地獄』

父子責め時代劇で、内容はハードSM。恥辱や拷問に加えて、強制父子相姦なども。SM嫌いの方にはオススメいたしません。

『Der fliegende Holländer』

イケメン系サーファーと海賊たちの綺譚系ポルノ。肉便器とか鞭打ちとか。

『哀酷義勇軍』

ショタ系SM。近未来の軍隊を舞台に、羞恥と凌辱がメイン。

『告白』

ゴツいオヤジ系刑事と若いチンピラやくざの話。SM要素なし、ラブ要素あり。

 とりあえず、代表的な電子書店として、アマゾンKindleへのリンクを下に貼りますが、楽天Kobo、Google、DMM、他でも配信されているので、普段ご利用の電子書店がありましたら、作品名か著者名で検索して探してください。(アダルト書籍なので要ログインの場合あり)

【合冊版】童地獄・父子地獄

【分冊版】童地獄・父子地獄

【分冊版】Der fliegende Holländer

【分冊版】哀酷義勇軍

【分冊版】告白