【画像生成AIによる実験】格闘家パパの苦難

【まえがき】
 最近WEBサービスで画像生成AIをいじったら、なかなか面白くて、思いのままについ何枚も画像を作っていたのは、拙Twitter(……あ、Xだっけ)をご覧の方はご存知かと思います。
 とは言え、本格的に何かをするには、それなりのスペックのPCが必要らしく、しかしそのために投資するのは、ちょっとなぁ……などと思っていました。
 ところが、手持ちのiPad proにそれ用のアプリ(Draw Things)を入れれば、わりと自由に画像生成AI(Stable Diffusion)が使えるというということを聞きまして。
 無料アプリだしさっそく入れてみたら、まぁ速度は遅いんですが、モデルを追加したり拡張機能を使ったりと、一通りのことができ、しかもアダルトなNSFW画像も自由に生成できる。
 
 ということで作った画像を元に、フォトストーリー的なものをでっちあげてみました。
 あちこち変なところがあったり、キャラや服装にブレがあったりするのは、私の技能不足と、現環境での作業の限界ということで、まぁご寛恕ください。

総合格闘家・饗場剛志、42歳。

数年前に妻を亡くし独り身だが、一人息子を溺愛し、男手ひとつで育てている。

ある日のこと、息子が夜になっても帰ってこない。

心配して警察に連絡を……と思ったときに、スマホにメッセージが届いたが、剛志はそれを見て愕然とした。

息子が一人、どことも知れない暗い場所で、ひとり泣いている動画が送られてきたのだ。

《メッセージ:無事に息子を返して欲しければ、今からこちらの命令にすべて服従せよ》
剛志は激高した。

しかし選択肢はない。

従うしかなかった。

剛志に下された命令とは……

タンクトップにパンツのみという姿で、裸足のまま外に出て……

地下鉄に乗り……

(周囲からの好奇の視線が痛かった)

夜の繁華街を通り抜け……

(走るのは命令で禁止されており、ただ歩くしかなかった)

(怒りと恥辱で顔が熱かった)

ようやく、ひとけのない公園の公衆便所にたどり着いた。

《中に入ったらパンツを脱ぎ……

……床に正座して待て》それが命令だった。

待つ……? 何を……??

……!!! 外に……人の気配がする……!

……

30分後……

凌辱の夜は、まだ始まったばかりだ。

(終)

 お粗末様でした!

『外道の家』【復刻版】全3巻が、7/15、8/15、9/15に連続発売!


 1999年から2007年にかけてゲイ雑誌「バディ」で隔月連載した大河ゲイSMマンガ『外道の家』、かつて2007〜8年に雑誌別冊という形で全3巻で発売された単行本が入手困難になって以来、長く復刊のリクエストをいただいて来ましたが、この7月から9月にかけて3ヶ月連続で、復刻版単行本がポット出版プラスから発売されます!


上巻 2023年7月15日発売
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784866420219


中巻 2023年8月15日発売
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784866420226


下巻 2023年9月15日発売
https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784866420233

 紙本と共に電子書籍版も発売予定です。
 詳細は追っての情報をお待ち下さい。

 恒例の版元直販による限定サイン本の予定もあり。
 こちらも詳細決定次第お知らせします。
【2023-06-14追記】
 サイン本予約スタートしました。
 ポット出版のサイトで『外道の家』上中下巻を直接ご予約の方、それぞれ先着50名様にサイン本をご用意。
 一括予約はなく、上巻、中巻、下巻それぞれに予約していただくことになるので、ちょっとご面倒をおかけしますが、ご希望の方は下記リンク先で詳細をご確認の上、お早めにお申し込みください。

上巻:https://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-86642-021-9.html
中巻:https://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-86642-022-6.html
下巻:https://www.pot.co.jp/books/isbn978-4-86642-023-3.html
【追記ここまで】

 まずは、発売日決定のお知らせということで。
 皆さま、今度こそお買い逃しのないように!

マンガ単行本『魚と水』(全年齢向け)、本日(5/18)発売!


 最新マンガ単行本『魚と水』、本日(5月18日)双葉社から発売です。
 Webアクションのグルメ特集用に描いた読み切り作品が、ご好評いただきそのまま連載となったもので、新型コロナ禍における男二人、アキラとコージのまったり日常系マンガ。
 単行本化にあたって、ここでしか読めないアキラとコージの最初の出会いを描いた、新規エピソードを描きおろしました。あと、あとがきも。

【単行本情報】

発売日:2023.05.18
定価:770円 (本体700円)
判型:B6判
ISBN:9784575858433

紙本と電子版、同時発売です。
 ネット書店へのリンク等は、下記版元のカタログページをご活用ください。
双葉社:『魚と水』単行本ページ

【特典情報】

 
 一部書店様ではペーパーが付くところもあります。
 詳しくは下記ツイートをご参照ください。

【イベント情報(6/3)】

 また刊行を記念して。6月3日 (土) 13時から東京の青山ブックセンター本店にて、トークイベント&サイン会も開催されます。
 トークのお相手は、拙『ゲイ・カルチャーへの未来へ』や、単著『ニュー・ダッド:あたらしい時代のあたらしいおっさん』の、木津毅さん。
 詳細&お申し込み(現在受け厨家中)は、下記イベント概要ページにて。
青山ブックセンター:【6/ 3  (土)】『魚と水』刊行記念 田亀源五郎×木津毅「『魚と水』から読み解く男性カップルの最新事情」

 それでは、お買い上げ&お申し込み、お待ちしております!

マンガ単行本『魚と水』(全年齢)5月18日発売


 webアクションで連載した全年齢層向けマンガ『魚と水』の単行本が、5月18日に双葉社から発売されます。
 紙本と電子書籍版は同時発売です。昨今、紙の本は数年で新品が入手不可能になったりするので、紙本をご希望の方はお早めに。

 内容はwebアクション掲載の全7話に加えて、コージとアキラの出会いを描いた単行本用描きおろしエピソードもあり。
 その他、あとがきや新規描きおろしカットも収録。
 コロナ禍でもまったり過ごす、仲良し男性二人組の日常をお楽しみください。

双葉社『魚と水』単行本ページ(各ネット書店へのリンクあり)
https://www.futabasha.co.jp/book/97845758584330000000?type=1

アマゾン(商品ページを版元さんがちょっと凝ってカスタマイズしてくれました♪)

pixiv FANBOXで新作マンガ『BSB:農夫〜テッド・スターリングの場合』連載スタート


 支援サイトpixiv FANBOXで、新作ゲイエロマンガマンガ『BSB:農夫〜テッド・スターリングの場合』連載スタートです。
 人類とオークが共存している現代社会が舞台の異種姦もの。

 今月はまず第1話を、4回に分けて毎週土曜日にアップ。
 第1回は既に4/8にアップ済。こちら

「pixivFANBOXって何?」という方は、こちらをどうぞ。
pixivFANBOX:よくある質問

ヴァニラ画廊「The Essentials of KINBAKU ART −戦後日本の責め絵展−」出展のお知らせ(3/16〜4/9)


 ヴァニラ画廊で開催される「The Essentials of KINBAKU ART −戦後日本の責め絵展−」で、拙作も新旧の縛り絵と責め絵をメインに、アートプリント数点が展示されます。お時間のある方は是非お立ち寄りください。
 また、サイン入りアートプリントの販売もありますので、ご希望の方はこの機会に、どうぞご利用ください。
 なお、展示に合わせた画集も、エディシオン・トレヴィル社から刊行予定です。展示会場での先行販売あり。こちらにも拙作が、展示作品+その他の作品と併せて収録予定です。

The Essentials of KINBAKU ART −戦後日本の責め絵展−
会期:2023年 3/16(木) ~ 4/9(日)
会場:中央区銀座8-10-7 東成ビルB2F ヴァニラ画廊
営業時間:平日12:00〜19:00、土日祝日最終日:12:00〜17:00
※要チケット購入、18歳未満入場禁止

詳しくは画廊のサイトでご確認ください。
https://www.vanilla-gallery.com/archives/2023/20230316ab.html

 以下、展示の宣伝文からの引用となります。

第二次世界大戦後、その長い禁欲の呪縛から解かれた人々は、娯楽と自由を手軽な<読物>に求め、百花繚乱たる雑誌が世に送り出されました。
その夥しい雑誌群の中には、身体を縄で拘束する<緊縛>に性的興奮をおぼえる人々に向けた禁断のマニア誌も含まれ、官能美的なフェティッシュな関心を昂める内容で、その後の日本のSM文化の形成に重要な役割を担いました。
1940年代後半から60年代にかけて幾度にわたって発禁の危機が訪れましたが、その都度、出版人が創意工夫を重ね時代を乗り越えたこれらの雑誌は、コンテンツを変容させながら斯界により影響を与えて、70~80年代にかけて訪れた<SMブーム>を漸増し牽引しました。
さらに近年になって映画や漫画などの影響や、ネットの台頭で情報の入手手段が多様化したことで、緊縛は日本独自の審美性と技巧的な深みを研鑽して、特異な精神文化として国内外で認知されつつあります。

緊縛の表現における視覚の役割は高く、特に前述した先駆的な雑誌においてその圧倒的なイメージで読者を快楽へと誘ったのは、絵師たちが描く挿画でした。
本展覧会では、戦後の黎明期から現代にかけて雑誌の第一線で縦横無尽に活躍した作家を9名紹介します。
SM雑誌の礎を築いたマルチな作家、多彩なイマジネーションでエロスを象った絵師、大胆なヴィジョンを打ち出した画家、緊縛描写だけに止まらず苛烈な責め描写に発展させたアーティストなど、表現方法や発表媒体は異なれど、彼らは各々の美意識が凝縮された膨大な作品を生み出しました。
緊縛画さらには峻烈な責め絵の系譜を振り返りながら、稀有な表現者たちの美の軌跡を辿ります。

 

『魚と水』第6話更新です


 先週の金曜日(3/10)に、連載マンガ『魚と水』第6話「熱帯植物館」が、Webアクションにて公開されました。
https://comic-action.com/episode/316190247089876734
 今回はお出かけ回。コージとアキラがお弁当持ってお出かけします。

 ほのぼの日常マンガですが、この前の週に教育教材から第五福竜丸が削除されたというニュースが入ったり、更新前日だったかにザポリージャ原発の外部電源喪失が伝えられたり、そんなタイミングでの更新となったので、期せずしてタイムリーな回になったような……。
 まぁこの『魚と水』では、自分が感じる《今》の日常感覚を、そのまま作品に反映させていこうと考えているので、そういう意味ではコンセプト通りの結果になったような気もします。

 そして、読み切りから始まったこの連載も、いよいよ次回で最終回。
 単行本は5月18日に双葉社から発売。
 単行本でしか読めない描き下ろしマンガも追加予定なので、どうかお楽しみに!
 出たら買ってね!