手塚治虫トリビュートマンガ『新・刑事もどき ゲイボーイ』(後編)掲載です


 7月5日発売の書籍「テヅコミ vol.10」に、一般向け新作マンガ『新・刑事もどき ゲイボーイ』(後編)が掲載です。
 先月掲載の前編に引き続き、手塚治虫作品へのトリビュートマンガ、これにて完結。

 前回書いたように、中断してしまった作品の「もっと続きが読みたかった!」という気持ちを動機として、そこに自分の味付けとして「あったかも知れない、語られなかったゲイ(風俗)史」の要素を加え、その上で、原典で自分が好きだったキャラクターたちの関係性の「ちょっと先」を描ければ、面白いものに仕上がるのではないか……などと考えて描いた作品。
 というわけで、トリビュート作品ではありますが、それと同時にこれもまた、最近の私が一般向け作品で取り組んでいる、《社会とゲイ/社会の中のゲイ》というモチーフを含ませたもの。お楽しみいただければ幸いです。
 巨匠・手塚治虫の胸を借りる形で、この試みを行うことができました。機会をいただけたことを、心から感謝しております。
 単行本収録は現時点では望み薄なので、是非お買い上げ&お読みください。

 以下、ちょっとネタバレ込みの余談。
 お嫌な方は読まないでくださいね。

 後編で主人公の一人、段袋刑事が、ゲイバーのママさん(女装男性)とキスをするシーンがあります。
 これ、ちょっとこだわって描いてみたかった場面。
 こういうシチュエーションが描かれる際、特に昔のマンガだと、同性とキスする羽目になった主人公が「げ〜っ」という反応を見せたり、或いは滑稽さを強調した女装の男性を描くことで、「笑い」に繋げるというパターンが多いように感じていたので、ちょいとそのアンチテーゼ的な形の、ノンケ男性と女装男性のキスシーンを描いてみたかった。
 とは言え、美青年と美しい中性的な男性、もしくは完全な異性に見える男性とのキスのような、耽美方向にも振りたくなかった。
 ホモフォビックな笑いでもなく、美的に描くのでもなく、ただ「普通にもっさいオッサンと、決して似合っているとは言えない女装男性のキスシーン」を、ニュートラルな形で描いてみたかったのです。
 難しいかもしれないけれど、段袋刑事というキャラならこなしてくれるのでは……と思い、そして実行。
 ママさんの造形やら、段袋刑事の反応やら、いろいろ考えながら工夫してみました。
 さて、結果は如何に。

「CDジャーナル」に特集&インタビュー掲載


 6月20日の雑誌「CDジャーナル」2019夏号で、特集記事&インタビュー掲載されました。
 ダブル表紙ということで、裏表紙にも絵がドドンと載ってます。Twitterでは「表がキンプリで裏が田亀って……」とか、「絵の股間にモーニング娘。の文字が……」といった反応が見られましたが、私だって自分じゃなければきっと驚いていたと思います(笑)。

 というわけで、こういう大胆で攻めの姿勢の特集を組んでいただけるとは、ありがたい限り。
 ロング・インタビューでは、大英博物館のマンガ展のことに始まり、『弟の夫』や『僕らの色彩』のこと、ゲイ・エロティック・アートのこと、日本と海外での反応の違い、プライド(自尊心)についてなど、質問されるままにいろいろ幅広く答えています。
 それプラス、私が最近ヘビロテのCDだとか、記憶に残る舞台といった、「CDジャーナル」という媒体に相応しいあれこれや、ゲイエロ作品も含めた単行本ブックガイドなんかも載っています。

 ここ数年、私も媒体露出が増えてきましたが、エロと非エロ、両方の仕事ぶりを同時に扱っていただける記事は、日本の媒体ではけっこう珍しい例かも。
 是非お買い上げ&お読みください。

手塚治虫トリビュートマンガ『新・刑事もどき ゲイボーイ』(前編)掲載です


 6月5日発売の書籍「テヅコミ vol.9」に、一般向け新作マンガ『新・刑事もどき ゲイボーイ』(前編)が掲載です。
 この「テヅコミ」という本は、手塚治虫生誕90周年を記念したもので、手塚さんのマンガのリメイク、カバー、オマージュ、パロディなどを、様々なマンガ家さんたちが描いているもの。雑誌のように、毎月1号ずつ発売中です。
テヅコミ特設サイト

 私もお声掛けいただき、描かせていただくことになった次第ですが、手塚さんの膨大な作品の中で、どれにしよう……と、考えて選んだのが、『刑事もどき』というシリーズ。
 1973年にスタートしたものの、諸般の事情で2作だけしか描かれなかったシリーズです。
 以前からこのシリーズが好きでして、そして2作しか描かれなかったというのがとても残念で……。
刑事もどき|マンガ|手塚治虫 TEZUKA OSAMU OFFICIAL

 そして「テヅコミ」さんからお誘いを受けたときに思ったのが、まず、パロディにはしたくないということ。そもそも私、パロディを得意とする作家ではないし。
 リメイクも、あまりやりたくなかった。同じ内容で、絵と演出が私のスタイルになっただけのものは、読者的にもそんなに面白そうだとは思えなかったので。
 あと、翻案……リ・イマジネーション系もパス。私、手塚作品に関しては、けっこう原理主義者的なところがありますので(笑)。
 そんなこんなで思い付いたのが、『刑事もどき』の《続き》を描くということ。これなら自分の、「もっと続きが読みたかった!」という気持ちを活かして、のびのびと描けそうでしたし、自分の作風にも合っていそうだし、自分なりの味付けができる目算もあったし。オフィシャルな形で描けるというのも魅力でした。

 というわけで描きました『新・刑事もどき ゲイボーイ』(前編)、是非お買い上げ&お読みください。

 そしてオリジナルの『刑事もどき』は、こちらに収録されていますので、よろしかったら是非。

 この「テヅコミ」関係で、以前、手塚プロダクションからインタビューを受けまして、ウェブで公開されています。
手塚治虫生誕90周年記念企画 スペシャルインタビュー 第7回 田亀源五郎さん【前編】
手塚治虫生誕90周年記念企画 スペシャルインタビュー 第7回 田亀源五郎さん【後編】
 前編では手塚マンガの想い出や『弟の夫』のこと、後編で手塚マンガとLGBT表象や『刑事もどき』のことなどを喋っております。
 興味とお時間のある方、是非お読み下さいませ。

大英博物館展示記念、『弟の夫』『僕らの色彩』複製原画販売のお知らせ


 大英博物館のマンガ展で、『弟の夫』が展示された記念に、『弟の夫』と『僕らの色彩』の直筆サイン入り複製原画が、双葉社さんから発売されます。
 ラインナップは、『弟の夫』のカラー4種(単行本各巻のカラー扉ページ)、モノクロ4種(大英博物館で展示されているのと同じ本文ページ)、『僕らの色彩』のカラー1種(単行本一巻表紙イラスト)。
 価格はカラーが税込各1万2960円、モノクロが税込各1万800円。完全受注生産で、全て私の直筆サインが入ります。
 以前の「『弟の夫』の世界展」のときに制作されたものとダブリがない、完全新作ラインナップですので、ご希望の方はこの機会に是非どうぞ。
 申し込みは6月30日までになります。
双葉社オンラインストア:田亀源五郎複製原画
コミックナタリー:「弟の夫」田亀源五郎の複製原画販売、大英博物館で展示中の原稿と同じデザインも

 またウェブサイト日刊大衆さんにも、関連記事&インタビューが掲載されましたので、そちらもよろしく。
 今回のイギリス渡航の印象や、『弟の夫』『僕らの色彩』について色々と喋っております。
日刊大衆:『弟の夫』漫画家・田亀源五郎「イギリス上陸と同性愛を語る!」大英博物館に展示された複製原画が手に入る!?

大英博物館のマンガ展&ロンドンでトークイベント


 イギリスの大英博物館で、2019年5月23日から8月26日まで、日本のマンガ文化の展覧会が開催されます。
 その中で私の『弟の夫』も展示されます。
 聞くところによると、日本国外で開催されるマンガ展としては過去最大規模だということなので、会期中にロンドンにお出での方は、是非お見逃しなく!
 展覧会の詳細は、下記リンク先でご確認ください。
コミック・ナタリー|大英博物館で国外最大規模のマンガ展、「ゴールデンカムイ」ほか約70タイトル
British Museum | Manga exhibition

 さて、この大英マンガ展の内覧会に、私もちょっくら出掛けてきます。
 そして5月22日の夕方、Japan House Londonで開催されるトークイベントに登壇します。こちらも、お時間のある方は是非。
 イベントの詳細は、下記リンク先でご確認ください。
Japan House London | ‘My Brother’s Husband’: Manga Artist TAGAME Gengoroh in Conversation with Book Curator HABA Yoshitaka

野郎フェス2019+マンガ同人誌『呪縛の性奴〜呪的口肛調教録』

イベントについて

 5月26日(日)、横浜産貿ホール マリネリアで開催される同人イベント、野郎フェス2019に参加します。
 スペースNo.はB08、サークル名はBear’s Cave。
 頒布予定物は新刊オリジナル同人誌『呪縛の性奴〜呪的口肛調教録』一種のみ。

 野郎フェスとは、「『野郎系(男子)が好きであるコト』であればどなたでもご参加いただける、自主出版した本やメディア等を発表、販売する同人誌即売会」です。
 成人向けイベントなので、高校生を含む18歳未満は入場禁止。入場には年齢確認ができる写真付き証明書が必要になります。
 詳しくは、会場の場所や入場時間なども含めて、野郎フェスの公式サイトでご確認ください。

新刊同人誌について

 新刊同人誌『呪縛の性奴〜呪的口肛調教録』は、2016年に発行したマンガ同人誌『呪縛の性奴』と同シリーズ。
 とはいえ内容は、「奴隷にされたヒゲマッチョが、呪術的拘束によって口舌奉仕や肛門性交を仕込まれ、快感に溺れてマゾ性奴として目覚めていく」様子を、じっくりネッチリ描いた新作ゲイエロマンガなので、無印版を読んでいない方でもぜんぜん大丈夫。要は、「最初から最後まで、全編ヤりまくり!」な内容です(笑)。

 というわけでお試しに、冒頭3ページとサンプル画像をどうぞ。

タイトル:『呪縛の性奴〜呪的口肛調教録』
版型:B5版(マンガ週刊誌サイズ)
ページ数:40ページ(表紙含む)
ページ内訳:表紙&裏表紙4ページ/マンガ本編30ページ/ボーナス(デッサン)5ページ/奥付1ページ
印刷:表紙フルカラーPP貼り/本文モノクロ(共にオフセット)

 本をゲットしたい&お時間のある方は、ぜひ5月26日(日)の「野郎フェス2019」にお越し下さい。B08でお待ちしております。

通販について

 また、毎回出す本がイベントで完売してしまい、通販に回す余裕がなくなっていましたが、今回Rainbow Shoppersさんからお声掛けいただき、イベントの翌日から通販でお買い求めいただけるように手配しました。
「会場には行けないけれど、紙の本が欲しい!」という方、いらしゃいましたら是非ご利用ください。5月27日(月)から注文可能になる予定です。
 Raibow Shoppersさんにて販売開始になりました。数量限定ですので、欲しい方はお早めに!
Rainbow Shoppers:呪縛の性奴~呪的口肛調教録

電子版について

 電子版は、これもイベント終了後に、田亀源五郎’s BoothにてPDF版をダウンロード販売開始予定ですので、電子版をご希望の方は是非ご利用ください。
 電子版(PDF)のダウンロード販売をBoothにて開始しました。
呪縛の性奴〜呪的口肛調教録(PDF版) | 田亀源五郎’s Booth
 紙版のトーン処理をモアレが出ないようにグレースケールに変更し、ボーナスページは含まれない電子版オリジナル仕様で、頒布価格も紙版より少し安価になります。
 田亀源五郎’s Boothでは、無印版『呪縛の性奴』を含め、紙版は完売した過去の同人誌を幾つかダウンロード販売中なので、よろしかったらそちらもどうぞ!

『僕らの色彩』第11話掲載です


 4月25日発売の「月刊アクション」6月号に、連載マンガ『僕らの色彩』第11話「後悔」掲載です。
 友人の吉岡のことが好きだけれど、ゲイばれは怖い……そんなモヤモヤが溜まった宙は、自分がゲイだと隠さないマスターに相談する。するとマスターの過去が垣間見え……という内容。
 というわけで今回は、いよいよこのマンガの核心に近づく回となっています。熟考しながら力を入れて描いた回なので、是非お読みくださいませ。

 さて、この『僕らの色彩』ですが、4月18日からフランス語版の単話配信も始まりました。

 そして配信初日には、仏アマゾンKindleのマンガ部門で1位もゲット、仏版版元のAkata(仏版『弟の夫』と同じ出版社)も喜びのツイートを。


 そのAkataの担当編集ブルーノ氏も、早速この第11話を読んでくれてメッセージを。


 自分が大事に思い伝えたいと思っていたことが、ちゃんとそうなってくれたという感じで、とても嬉しい♪
 単行本1巻も絶賛(?)発売中です。

『僕らの色彩』第10話掲載です


 3月25日発売の「月刊アクション」5月号に、『僕らの色彩』第10話「秘密と嘘」掲載です。
 宙に告白して断られてしまった瑞希は、宙は奈桜のことを好きなのではないかと想像。一方、宙からゲイだとカミングアウトされた奈桜は、宙への恋心を誰にも明かせずに押し殺す。
 そんな二人の女子高生の、日常的な感情や真理の微妙な揺らぎや、間に漂う仄かな緊張感を、カフェで一緒にお茶というシチュエーションを使って、じっくり描いてみました。

 しかし今回、女子高生の会話シーンが10ページ以上続き、これは私のマンガとしては前代未聞かも。少なくとも過去に、こんなシーンを描いた記憶は全くない。
 そんな私の新チャレンジ、面白いので是非お買い上げ&お読みください。
 そして、1月に出た単行本1巻も、よろしくお願いします!

「日本のゲイ・エロティック・アート展」開催(3/5〜17)&3/10にトークイベント



 3月5日(火)から17日(日)まで、拙編纂書籍『日本のゲイ・エロティック・アート』シリーズ完結記念として、「日本のゲイ・エロティック・アート展」が東京・銀座のヴァニラ画廊で開催されます。
 2003年から2018年にかけて刊行された、書籍『日本のゲイ・エロティック・アート』シリーズ全3冊に収録されたアーティストたちの、より抜きの作品が一堂に会します。編纂者である私自身の作品も、同時に何点か展示予定。

『日本のゲイ・エロティック・アート』完結記念 Gay Erotic Art in Japan
日本のゲイ・エロティック・アート展
会場:ヴァニラ画廊(銀座)
会期:2019年3月5日(火)→3月17日(日)
営業時間:平日12:00〜19:00、土日祝日:12:00〜17:00/展示室AB ※18歳未満入場不可
入場料:1,000円 ※要チケット事前購入。会場受付でのチケット販売はありません。

【展示作家(五十音順)】
稲垣征次/大川辰次/小田利美/木村べん/児夢/髙蔵大介/田亀源五郎/武内条二/遠山実/長谷川サダオ/林月光/平野剛/船山三四/三島剛
(原画が現存していない一部作家作品は、プリントでの展示となります)

 おそらくこれはかつてない、そしてこれからも可能性としてはなかなか難しい内容の企画展になるはず。この貴重な機会を、是非お見逃しなく!

 なお、展覧会への入場はチケット制になります。ご観覧希望の方は、必ず事前にLive Pocketにてチケットをご購入の上、会場受付にお渡し下さい。受付ではチケット販売はしていないので、くれぐれもご注意を。
Live Pocketで展示観覧チケットを購入
 また、18歳未満の方は入場できません。免許証やパスポートなど、顔写真つきの身分証明書をお持ちください。

 また3月10日(日)には、『股間若衆 男の裸は芸術か』などで知られる、美術史家の木下直之先生をゲストにお迎えして、トークイベントも開催。私、今から緊張しております……。
 こちらもご参加は同様に、事前購入したチケットが必要になります。
Live Pocketでイベントチケットを購入
 18歳未満入場不可、要年齢証明という条件も同じ。

 その他詳細は、ヴァニラ画廊のサイトでご確認ください。

 また、この企画展に絡めたインタビュー記事が、東京レインボープライドのサイトに掲載中です。
田亀源五郎インタビュー:[Part 1]「ゲイ・エロティック・アートこそ、ダイバーシティそのもの」
 こちらもよろしかったら、ぜひご一読ください。(以下、一部抜粋して引用)

田亀:『日本のゲイ・エロティック・アート展』は今まで出してきた3冊の総まとめみたいになっています。ゲイ・エロティック・アートはダイバーシティの見本市だと思うんです。一口にゲイと言ってもどういうタイプが好きかっていうのは人それぞれ違うじゃないですか。エロティック・アートっていうのはほんとに自分の好きなものを描くもので、そこにはノイズがないんですよ。だからこの作者はこういう男が好きなんだなっていうのがダイレクトに伝わってくる。いろんな人のそういう作品が一堂に会することによって、いろんなタイプが見えてくる。

私なんかは日本社会のなかでゲイ・アーティストして悪目立ちをしてしまっているので、「ゲイ=田亀源五郎が描くような男が好き」みたいな感じでネタ的に扱われることも多いんです。そして、それを無意識に踏襲してしまっている人も少なからず見かけるんですけど、様々なアーティストが描いた様々な図像、男の理想像を見ることによって、そんな単純なものではないよっていうのがわかると思う。今まで過去何十年かけて多くの作家が自分のファンタジーを表出することで、多様な作家それぞれの作品を作ってきた。そのこと自体が、ゲイ雑誌が産んできた日本のゲイ文化の豊かさなんだよって私は主張したい。それはもうポルノであろうとなんであろうと私はとても大事なことであると思ってるので、それは感じてほしいなと思いますね。

『僕らの色彩』第9話掲載


 2月25日発売の「月刊アクション」4月号に、一般向けマンガ『僕らの色彩』第9話「夏日」掲載です。
 カフェの壁に絵を描いて欲しいという、マスターからの依頼を引き受けることにした宙は、その帰り道に野球部の練習に出ている吉岡の姿を見つけ……というわけで、今回は謙遜とか欲情とか不安といった話。
 面白いので是非お買い上げ&お読みください。

 単行本1巻(第1〜7話まで収録)発売中!