カテゴリー別アーカイブ: 単行本情報(外国語版)

5月6日〜14日:北米(ニューヨーク/フィラデルフィア/トロント)イベント参加のお知らせ


『弟の夫』英語版(Pantheon)第1巻が、5月2日に発売されました。つきましては販促を兼ねて、北米で開催されるイベント幾つかに参加いたします。お近くの方、いらっしゃいましたら、どうぞお立ち寄りください。

ニューヨーク

5/4: PEN World Voices Festival “Transcendent Obscenity”パネルに登壇(from 2-3:30pm at Dixon Place, NYC)

5/7: Anyone ComicsでDrink n’ Drawイベント(お酒を飲みながら男性ヌードモデルのデッサン大会をするイベント)開催(from 5-8pm in Crown Heights Brooklyn)

5/9: 紀伊國屋書店ニューヨーク店でサイン会(from 6-8pm, on 6th Ave. at 40th St.)

フィラデルフィア

5/10: Giovanni’s Room/Philly AIDS Thrift Storeでサイン会/読書会/Q&Aイベント(from 6-8pm)

トロント

5/13、14: Toronto Comics Arts Festivalに参加:

5/13
PM 2:00 サイン会(at Reference Library)
PM 4:00 パネル“LGBTQ Comics Abroad”Saturday(at the Marriott Bloor)
PM 7:00 TCAF Queer Mixer (with preview of “Queer Japan” by Graham Kolbeins)(at Glad Day Bookshop

5/14
AM 11:00 サイン会(at Reference Library)
PM 2:45 パネル“Canada 150!”(at the Marriott Bloor)

5/9〜30
田亀源五郎『弟の夫』展(at Reference Library)
(ネーム、下絵、ペン入れ原画、完成原稿プリントなどが展示されます)

『弟の夫』1巻(韓国語版)が出ました

My Brother's Husband (KOR)
 5月10日に『弟の夫』1巻の韓国語翻訳版単行本が出版されました。
 本のサイズは、日本語版(B6)より一回り大きなA5版。内容は日本語版1巻と同じ。カラーページ、カバー下のオマケイラスト、マイクのゲイ・カルチャー講座、後書きまで全て収録。ぱっと見た感じ、本の帯(腰巻)も一緒な感じ。
13263944_1019654638083691_366263245829156558_n
 印刷は美麗。編集作業もとても丁寧で、手書き文字の効果音も全てハングル文字に置き換えてある上に、背景の看板の文字までちゃんと翻訳されています。
13230332_1019654678083687_5478585149508627571_n13266014_1019654681417020_2171582367335446045_n
 しかしこの書き文字の置き換え、おそらくデジタルで元の文字を消して、ハングルのレタリングで置き換え、空白が出来ちゃったりしたら埋める……とかいった手順なんだろうけれど、すごいテクニック。作業の痕跡がぜんぜんない。
IMG_6072
 ほら、ちっとも判らない(笑)。隙間が出来ちゃったところは、カケアミをコピペして埋めたのかしら……事前に言ってくれれば、書き文字抜きデータも用意できたのに(笑)。

 というわけで、初のオフィシャルな韓国語への翻訳&韓国での初めての拙単行本出版なので、良い感じに売れてくれればいいなぁ……と。
 ハングル読める方、よろしかったら是非一冊お買い上げを!

아우의 남편 (vol.1)
Paperback: 176 pages
Publisher: Imageframe 길찾기 (May 10, 2016)
Language: Korean
ISBN: 978-896052-642-6 07830
978-896052-641-9 (set)
Product Dimensions: 21 x 14.8 x 1.3 cm (A5)

“Passion of Gengoroh Tagame”、増補改訂ハードカバー版で復刊

 2013年にPicture Boxから出た英語版単行本”Passion of Gengoroh Tagame: Master of Gay Erotic Manga”ですが、その直後に同社が出版事業から撤退したために絶版となり、ここ数年アマゾン等でもプレミア価格になっていました。
 それがこのたび、版元をBruno Gmünderに替えて、新たに増補改訂ハードカバー版として復刊しました!
PassionExpanded01
 サイズは日本のマンガ週刊誌などと同じB5版。厚さ3センチ以上、重さも1キロ以上という、どっしりとした高級感がある仕上がり。
 装丁は最初のバージョンと同じく、ブックデザイン界の鬼才チップ・キッドによるもの。カバー付きハードカバーという特性を活かして、見返しや本体表紙、カバー裏にも色々と仕掛けがある、とてもカッコいい装丁にしていただきました。ぜひ下の写真や動画をチェックしてください。
PassionExpanded02PassionExpanded04PassionExpanded03


 旧版との違いは、装丁以外にも幾つかありますが、見逃せないポイントは主に3つ。
PassionExpanded05
1) 新規にカラーイラスト16ページを追加収録。日本のゲイ雑誌等で既に発表したものが殆どですが、この本のための新規描きおろしも収録。既発表の作品も、サイズ大きい+印刷美麗+もちろん無修正版ということで、ご存じの方&初出をお持ちの方でも、充分お楽しみいただけるかと。
PassionExpanded06
2) この復刊にあたって、新たにエッセイを書き下ろしました(英訳されちゃってますが……)。最初の英語版単行本発行に至るあれこれの思いとか、それによってもたらされた変化、過去のキャリアや今後の抱負などを綴っております。
PassionExpanded07PassionExpanded08
3) 印刷品質が改善されました。2013年のPicture Box版では、版元側のデータ処理のミスによって、幾つかのページでトーンのモアレや描線の荒れが出てしまっていたんですが、復刊にあたってそれらを回避修正しています。『鬼祓え』『田舎医者』のページを旧版と比較していただければ、その差と質的な向上が良く判ると思います。それ以外のページでも、本文用紙がより滑らかな紙肌のものになっていることもあり、全体的に黒ベタの締まり、描線のヌキやトーンの網点など細部の再現性が、旧版と比べて著しく向上しています。版型の大きさも手伝って、この美麗さはかなり理想的な仕上がりに。

 もちろん旧版のコンテンツである、マンガ7本(『Hairy Oracle』『闘技場〜アリーナ』『鬼祓え』『田舎医者』『スタンディング・オベーション』『ミッシング Missing』、この単行本オリジナルの描きおろし『Class Act』とその下絵)、エドマンド・ホワイトによる序文、チップ・キッドのエッセイ、グレアム・コルベインスによる解説などは、この新版にも変わらず収録されています。
PassionExpanded09PassionExpanded10PassionExpanded11PassionExpanded12PassionExpanded13PassionExpanded14

 ご購入は日本のアマゾンでも注文可能です。
 現時点では品切れ入荷待ち状態ですが、これは元来4月頭を予定してたワールドリリースが、諸般の事情で5月頭に変更になったせいかと。海外のアマゾンでは既にステータスは在庫ありになっているところもあるので、日本でもおいおい補充されるのではと予想。
 ただ、日本のアマゾンはカタログに取り扱いがあっても、後になって急になくなったりもするので、万全を期すという方は、アメリカやイギリスのアマゾンでの購入の方が確実かも知れません。
 

英語版単行本”The Contracts of the Fall”発売

CoF-cover
 Bruno Gmünder社から英語版単行本”The Contracts of the Fall”発売されました。
 先日、パリで先行発売サイン会をやりましたが、正式発売日の12月1日も無事に過ぎ、著者見本20冊も無事到着。
 これで英語版単行本は5冊目、Bruno Gmünder社からは4冊目になります。

 同社から過去に出た本と同様に、表2と表4がフラップという折り込みになっていて、それぞれカラーイラストが掲載。
CoF-flap1
 開くとこんな感じで、内側にも横位置でイラストが。
CoF-flap2
 内側の絵は、日本のゲイ雑誌に発表した過去作の流用(昔フランスで出た画集にも収録済み)ですが、表側の絵はどちらもこの本で初お披露目。
 さきほどの表2の絵は、表題作を描いた完全新作、下の表3の絵は、以前同人誌のゲスト原稿で描いたモノクロ絵を、今回改めて彩色。
CoF-flap3

 収録作は、まず表題作である中編『転落の契約』(日本語版は単行本『エンドレス・ゲーム』に収録)
CoF-CoF1
 短編『ポチ』(日本語版は単行本『田舎医者/ポチ』に収録)
CoF-Pochi1
 短編『Der Fliegende Holländer』(日本語版は単行本『童地獄・父子地獄』に収録)
CoF_Holander
 短編『Lover Boy』(日本語版は単行本『田舎医者/ポチ』に収録)
CoF-LB

 何といっても海外版なので完全無修正(このブログではモザイクかけましたが)ですし、サイズも大判(週刊誌サイズよりちょびっと小さいくらい)で迫力ありますし、ここでしか見られないカラーイラストも載ってますし、ぜひ一冊お買い上げを……とオススメしたいところですが、残念ながら日本ではアマゾンでも取り扱いなし。
 なので、「欲しい!」という方は海外アマゾンなどをご利用くださいませ。



『クレタの牝牛(英語版)』米Massive Goodsより発売

CretianCow1
 アメリカのMassive Goodsから、マンガ『クレタの牝牛』英語版リーフレット、”Cretian Cow”が発売されました。
 内容は基本的に日本語版(単行本『筋肉奇譚』収録)と同じで、「覚え書き」部分もきちんと英訳されて収録されています。
 ただし海外版なので、絵は無修正の完全版。また、印刷方式の違いを考慮して、日本語版ではグレー部分がスクリーントーン調の白黒二値ドット処理だったのに対して、この英語版ではドット化していないグレースケール処理に変更しています。

 収録作は『クレタの牝牛』のみで、ページ数は表紙も含めて20ページ。
 表紙のデザインは、基本的に私が新たに作ったもの。イラストの配置や飾り罫の制作、全体の色指定などを私が行い、書体の選択や裏表紙のレイアウトなどをMassive Goodsのグラハムがやっています。翻訳はアン石井。

 初売りは、2015年5月9日(カナダ/トロント/トロント・コミック・アート・フェスティバル2015の会場)を想定していましたが、アクシデントによって刷り上がった本が届かず、結果的には5月14日(アメリカ/ロサンゼルス/トム・オブ・フィンランド・ファウンデーションでのトークイベント会場)になりました。
 基本的にオンラインと、北米での各種イベント会場での販売になります。コミック系、サブカル系、ゲイ系などの、少部数出版物を扱う書店での店頭販売もありますが、詳細は判らず。
CretianCow2CretianCow3CretianCow4JP
 オンラインでの販売ページはこちら。日本からの注文も可能です。

英語版単行本”Fisherman’s Lodge”発売

FL_cover
 4冊目の英語版単行本”Fisherman’s Lodge”が、“Endless Game”“Gunji”と同じ版元Bruno Gmünderから発売されました。

【書誌情報】
ページ数:160ページ
出版社:Bruno Gmünder
発売日:2014年12月11日
ISBN-10:3867877955
ISBN-13:978-3867877954
版型:23.8 x 16.6 x 1.8 cm(約B5版)

 Bruno Gmünderから出た過去二冊と同じく、カバーのフラップ部分にカラーイラストを4点収録。うち2点、日本語版『冬の番屋/長持の中』カバーイラストの色違いバージョンは、これが初公開。
FL_flapFL_flapinside

 収録作品は『冬の番屋』(日本語版は単行本『冬の番屋/長持の中』収録)、『告白』(『童地獄・父子地獄』収録)、『END LINE』(『筋肉奇譚』収録)の、それぞれ英語版。
FL_sample02FL_sample03FL_sample04

*画像は全てブログアップ用に修正を入れていますが、現物は海外版なので完全無修正です。

 現時点では日本のアマゾンでも取り扱いがありますが、先例から考えると、急にキャンセルになったり取り扱いがなくなったりする可能性大。その際は海外のアマゾン等からご入手ください。

イタリア語版『冬の番屋 (L’inverno del pescatore)』単行本、発売です

inverno-del-pescatore

L’inverno del pescatore

Paperback: 128 pages
Publisher: Ren Books (June, 2014)
Language: Italian
Product Dimensions: 21 x 15 cm
Price: €9,90

 収録作は「冬の番屋」のみ。
 版元は2011年に出たイタリア語版『ウィルトゥース』と同じRen Books。商品ページはこちら
 表紙イラストは、この単行本用に新規描きおろし。ちょっとエアリーでメロウな雰囲気を狙ってみました。
 下絵をTumblrの方にアップしましたので、興味のある方はどうぞ。こちら
 後は言わずもがな、性器描写は無修正。とはいえ、ここでアップするサンプル画像は、日本向けにモザイク入れますけど。
InvernoDelPescatore1InvernoDelPescatore2CInvernoDelPescatore3InvernoDelPescatore4C
 日本からの入手は難しいと思いますが、もしイタリア旅行の際にでも見かけたら、旅の記念に一冊お買い求めくださいまし(笑)。

ゲイ・アート・ブック”Raunch”に作品収録

Raunch cover
 Bruno Gmünder社から出たゲイ・アート・ブック、”Raunch”に作品が収録されました。
 タイトルのRaunchってのは、「卑俗」とか「猥雑」とでも訳せばいいのかな? まぁそんな感じの切り口で、写真やイラストなどのゲイ・アートをまとめたハードカバーのアートブックです。

Gengoroh Tagame
 私の作品は、この1点のみ。昔「薔薇族」に描いたやつです。

 他はいろいろ、世界のあちこちから総勢40名近くのアーティストやスタジオの、Raunchな写真やイラストを収録。
 というわけで、内容を少しご紹介。

Kevin D. Hoover(アメリカ/ニューヨーク)
Kevin D. Hoover
この人の作品が、かなり私のテイストにマッチしていて、しかも収録作品数も多くて嬉しかった。

Inkedkenny(カナダ/トロント)
Inkedkenny
この人も好きなアーティスト。収録作品数も多し。

左/George Towne(アメリカ/ニューヨーク)、右/Jeremy Lucido(アメリカ/ロサンゼルス)
George Towne & Jeremy Lucido

Robert W. Richards(アメリカ/ニューヨーク)
Robert W. Richards

左/Strut Walker(アメリカ/ニューヨーク)、右/Darren Ankenbauer(アメリカ)
Strut Walker & Darren Ankenbauer

Grae(アメリカ/ニューヨーク)
Grae
キャラや状況設定に親近感。趣味が合いそう。

左/Andrea Madalena(イタリア)、右/Bearfighter(ドイツ)
Andrea Madalena & Bearfighter
左のAndreaとは、先日イタリアでボローニャの個展オープニングやベアパーティで会いました。モヒカンで笑顔が可愛いオーランド・ブルームって感じのナイスガイ。
with Andrea

Rubén Gauna(アルゼンチン/ブエノスアイレス)
Rubén Gauna
先日ベルリンで、Bruno Gmünderのスタッフに、この人の絵をプリントしたTシャツを見せて貰いました。同社が制作販売するようなことを言っていましたが、ネット上では情報が発見できず……って、良く考えたらお土産に一枚いただいていたんだっけ(笑)。
tshirts

《書誌データ》
RAUNCH / Various Artists

Photo Book
Pages: 160
Size: 21,5 x 28,5 cm / 8,5 x 11,25 inch
Format: Hardcover with dust jaket
Colour: full colour
ISBN 978-3-86787-664-3
May 2014
29,95 €

 残念ながら日本のアマゾンでは取り扱いなし。ご注文はアメリカやイギリスのアマゾンなどからどうぞ。

ベルリン個展&サイン会&英語版新刊”Gunji”のお知らせ

 3月7日からドイツのベルリンで個展をやります。
 お話し自体は一昨年からいただいていたのですが、昨年は既にトロント&ニューヨーク行きとパリ個展の予定があったために、色々あってこのタイミングでの開催となりました。
 で、この話が本決まりになった昨年の秋の段階で、拙英語版単行本”Endless Game”の版元であり、ベルリンに拠点を置く出版社Bruno Gmünderが、それならばそのタイミングに合わせて、同社からの二冊目の単行本を出そうという話になりました。
 そして今回、個展のオープニングに合わせてベルリンに行くよと、同社に知らせたところ、同社のアレンジでベルリンとロンドンでサイン会も行うことになりました。 トラブル発生のため渡航は急遽中止、個展のスケジュール自体に変更はありませんが、オープニングに出席はできず。会期末の4月後半に改めて渡航し、サイン会もその時期に合わせて延期となりました。詳細はまだ調整中。
 サイン会は4月20日。キャラリーのクロージング、4月20日には在廊します。
 というわけで、それらの詳細情報をまとめてアップします。
 海の向こうのことなので、お気軽にとは申しづらいんですが、ベルリンおよびロンドン在住の方、および期間中に渡航予定のある方は、是非いらしてください。

berlin_exhibition
【ベルリン個展】
・3月7日〜4月20日
Xavierlaboulbenne Galleryにて
  Schoenleinstrasse 5 10967 Berlin
・オープニングは3月7日(金) 18:00〜21:00 <詳細>
・期間中、画廊のオープンは毎週火曜日〜土曜日、午後2時〜6時となります。

 ゴリゴリのコンテンポラリー・アートのギャラリーで、過去には有名どころでは、ロバート・メイプルソープや、映画『シェイム』『それでも夜は明ける』等のスティーヴ・マックイーンなどの展示を開催。
 というわけで、オープニングにどんな人が集まるのか、ちょっと不安だったり(笑)。ゲイ・コミュニティー向けの宣伝とかも、全くやっていない様子なので……。

1509729_620489494666876_1083597610_n
【ベルリンでのサイン会】
3月8日(土) 15:00〜17:00 4月に延期、日程は調整中。
 4月19日(土) 15:00〜17:00
Eisenhertzにて
  Motzstr. 23, 10777 Berlin

大きな地図で見る
・Facebookのイベントページ:https://www.facebook.com/events/1429217567317220/
 クィア書籍を扱う本屋さんだそうです。

【ロンドンでのサイン会】
3月14日(金) 18:00〜20:00 4月に延期、日程は調整中。 中止決定。

gunji_BG_cover
【新刊英語版単行本”Gunji”】
・3月初頭発売
・出版社:Bruno Gmünder
・160ページ/17 x 23.8 cm
・ISBN 978-3-86787-675-9
・収録作:『軍次』四部作+『大江山綺譚(2014年改稿版)』
・見返し部分にカラーイラスト4点収録

『軍次』四部作に関しては、基本的には日本で出たバージョンと同じ。ただし、当然のことながら性器修正はありませんし、またフランス語版のときと同様に、キャラクターの年齢を調整するために、あちこちセリフをいじっています。
『大江山綺譚(2014年改稿版)』は、絵を全面的に手直ししています。旧版との最大の違いは、キャラ(スヴェン)の体毛。
 これは、当時自分のイメージではスヴェンは赤毛であり、身体にも赤い体毛がモジャモジャ生えている感じだったんですが、それを上手く絵的に表現する手段が思いつかず、結果的に無毛にしてしまったという経緯がありまして。ところが、ちょっと前にCLIP STUDIO PAINTをいじってみたところ、このペンを使えばグレースケールで自分の意図する効果が出せるのではないかと思い、実験してみたところ満足のいく結果を得られたので、今回の英語版出版を機に、思い切って全面改稿することに。
 その絡みで、最終的な仕上げをいつもような白黒二値化ではなく、グレースケールのまま完成させることにしたので、それに併せてトーン効果もあちこち手直し。結果、情感の描出も向上したと思います。
 また、冒頭と末尾のト書きを、日本の昔話に馴染みがない外国人向けに、より判りやすく噛み砕いた内容に変えてあります。
 この新バーションは本邦未公開ですし、今のところ国内での発表の予定もないので(なにしろオリジナル版収録単行本がまだ現役ですので)、レアものとして入手の価値大かも知れませんよ?
 ……などと販促を試みる(笑)。
 内容見本は、こちらで。

 残念ながら日本のアマゾンでは取り扱っていませんが、アメリカやイギリスのアマゾンなら既に予約受付中なので、よろしかったら是非お買い求めを(”Endless Game”のときの経験から言うと、同じヨーロッパということなのか、アメリカよりイギリスの方が発売が早く、在庫切れもありません)。

“Beards: An Unshaved History”

beards_cover
 ドイツBruno Gmünderから出版されたアートブック、”Beards: An Unshaved History”に作品を数点提供しました。
 古今東西の「ヒゲ文化」について、泰西名画からゲイポルノグラフィーまで豊富な図版を使いつつ、あれこれと論じた内容の本で、テキストは英独併記となっています。
 著者のケヴィン・クラークは、長くジャーナリストをやっていた人だそうで、新聞や雑誌の編集者や編集長の他、美術館のキュレーションを手掛けたり、ウィーンの大学でクィア・スタディーズを教えたりした人とのこと。2011年に出した”Porn: from Andy Warhol to X-Tube”がベストセラーになったそうです。
 内容は、大見出しとして「今日のヒゲ アウト&プライド」「70年代クローン・ルックの誕生」「ヒゲの歴史千年」「クローンの帰還」となっており、それに加えて更に「ヒゲ剃りの歴史」「ヒゲのあるクィアたち」「宗教とヒゲ」「オスカー・ワイルドのアンチヒゲ」だのといった様々なコラムが、いずれもたっぷりと図版を使って綴られています。

 私の提供した作品画像は「コミックスとヒゲ」の項で使用。こんな感じに参考図版的に、小さく数点載っております。
beards_inside1beards_inside2

 他のページは、例えばこんな感じ。左はイントロダクション部分の見開き、右は「ヒゲのあるクィアたち」の近現代編。
beards_inside3beards_inside4
 というわけで、古典名画やヴィンテージ写真から現代のファッション写真やゲイ・ポルノまで、ヒゲにまつわるありとあらゆる画像が収録されているので、ヒゲ好きならそれを見ているだけでもグッとくるはず。

 書籍のPR動画で全ページを繰っていく様子が見られますので(エロい部分にはボカシが入りますけど)、ご参考までにどうぞ。

 残念ながらいつものように、日本のアマゾンでは取り扱いなし。アメリカかイギリスのアマゾンで購入するのがオススメ。先頃出た拙著“Endless Game”と一緒に、如何ですか?