ちょっと宣伝」カテゴリーアーカイブ

pixivFANBOX更新情報(イラスト、ラフ画、おまけ)

 pixivFANBOXに、2019年12月のイラスト、オマケ、ラフ画をアップしました。


余興 – Party Entertainment – 2019年12月のイラスト – Illustration on December 2019


余興 メイキング動画 – Making movie of Party Entertainment – 2019年12月のオマケ – Extra contents of December 2019


オークのビッチになる – B. S. B. (Big Sir’s Bitch) – 2019年12月のラフ画 – Rough Drawing on December 2019

新作ゲイエロマンガ&Tシャツなど


 先日リリースされたフリーマガジン「日本男児」7号に、新作ゲイエロマンガ『飯縄権現顕現録』描きました。

 同時に、この作品用に描いた画像を用いた、Tシャツやステッカーなどのグッズも発売。

 フリーマガジン「日本男児」は、新宿二丁目のEAGLE TOKYO BLUEなど複数箇所で配布中。グッズの購入方法なども含めて、「日本男児」さんのサイトでご確認ください。
日本男児:フリーマガジン「日本男児」第7号は「田亀源五郎」

 なお、EAGLE TOKYO BLUE店内では、マンガ全編の大判プリントも壁面展示中。

 それでは、マガジンのゲット、グッズの購入、プリント展示の閲覧など、諸々よろしくお願いいたします!

『僕らの色彩』16話掲載です



 11月25日発売の「月間アクション」1月号に、『僕らの色彩』第16話「デート」掲載です。
 マスターの離婚という過去。大人の世界に触れて戸惑う奈桜。一方でモヤモヤを抱え込んでいた宙は、吉岡からのLINEで思いがけず楽しい一日を過ごすことになり……。
 といった具合で、ますます面白くて目を離せない……はず!
 是非ご購入&お読みください。


《Kindle版》

単行本1〜2巻も絶賛発売中!


《Kindle版》

 オマケ。第16話扉絵メイキング動画。

Pixiv FANBOXに11月のラフ画をアップしました


 Pixiv FANBOXに、『祖父の奴隷』ラフ画3点 – 3 rough drawings from Grandpa’s Slave Boy – 2019年11月のラフ画 – Rough Drawing on November 2019をアップしました。
 サドっ気がある白ヒゲじいちゃんがトップというネタ、3枚。

「Pixiv FANBOXって何?」という方は、こちらをどうぞ。
Pixiv FANBOX:よくある質問

Pixiv FANBOXに11月のイラスト&オマケをアップしました


 Pixiv FANBOXに、BotJ: Tattoo – 2019年11月のイラスト – Illustration on November 2019をアップしました。
 同人誌や単発イラストなどで少しずつ描いている、BotJ(Bitch of the Jungle)というターザン風野郎責めシリーズの一環。タトゥーの有無等の差分あり。


 オマケとしてメイキング動画もアップ。

「Pixiv FANBOXって何?」という方は、こちらをどうぞ。
Pixiv FANBOX:よくある質問

『僕らの色彩』第15話掲載です


 10月25日発売の「月刊アクション」12月号に、『僕らの色彩』第15話「パールホテル」掲載です。10月11日に発売された単行本2巻の続き。
 マスターの過去を知ってしまい落ち込む宙。一方で奈桜は思いがけず大人の世界に触れることになり……と、これはもうますます目が離せない! ……はず(笑)。
 単行本共々、お買い上げよろしくお願いいたします!

単行本『僕らの色彩』2巻発売中!


 2019年10月11日(金)に、単行本『僕らの色彩』2巻が発売になりました!
 この巻には、第8話「コバルトブルー」から第14話「ジェット・ブラック」までを収録。

宙はゲイを公表できないもやもやを抱えたまま、
マスターに頼まれ「秘密の喫茶店」の壁に絵を描くことに。
奈桜も手伝うようになるが、宙の母親は二人が「男女の仲」だと誤解。
一方、瑞希も「宙と付き合ってるなら隠さないで」と奈桜に詰め寄る。
“”秘密””だから生まれてしまう誤解に悩む二人は
「ゲイを隠さない」マスターに相談するが、
マスターにも””後悔””の過去があることが明らかになり…。


 まだの方は、お早めにお買い上げよろしくお願いいたします。
 電子版も同時刊行!

・紙本版

・電子版

 なお、紙の本で欲しいという方は、特にお早めのご購入をオススメいたします。
 ぶっちゃけ、さほど刷り部数が多くないので、余程なにか大きな動きでもない限りは、一度店頭から消えてしまうと見つけるのが難しくなりますし、そのまま重版はなく版元でも品切れになると、古書もプレミア価格になってしまったりするので……。
 実際、似たような価格帯で、やはり重版はなかった単行本『ウィルトゥース』は、現在ではアマゾンだと最安値でも4,349円なんて価格になっちゃっていますし、同様に『髭と肉体』は1,742円〜、『筋肉綺譚』は5,881円〜……なんてことになっているので。
 ここいらへんの事情は、価格が高めのため、こまめに少部数の重版をすることが可能で、ずっと品切れになることなく新本を発売当時の価格で入手できる、ポット出版から出ている私のゲイ・アダルト単行本と、価格が安い分、重版にはそれなりの分量が要求されるため、販売開始の初動に全てがかかってしまう一般的なマンガ単行本とは、ちょいと勝手が異なります。
 紙の本で欲しいという方は、本屋で見かけたら買おうと思っていたら、見つからないまま品切れになっていて、気がついたときはプレミア価格に……というパターンにならないよう、ご注意ください。

 なお、現在Twitterでは「呟けば直筆サイン入り校正紙が当たる」キャンペーンを開催中。締め切りは10月28日(月)24時。
 詳しくは下のツイートでご確認ください。

 Twitterでは販促を兼ねて、いろいろオマケ画像などをアップしていたので、それらも以下に貼っておきます。
 お楽しみください♪

Pixiv FANBOXに10月のオマケをアップしました


 Pixiv FANBOXに「『ウィルトゥース』フランス語版カバー絵メイキング – Making of Virtus (French edition) Cover Illustration – 2019年10月のオマケ – Extra contents on October 2019」を公開しました。
 メイキングというか製作プロセスかな。他ではなかなか見る機会のない、下絵、構成、デザイン案などを公開。

「Pixiv FANBOXって何?」という方は、こちらをどうぞ。
Pixiv FANBOX:よくある質問

Pixiv FANBOXに10月のラフ画をアップしました


 Pixiv FANBOXに、兄貴は俺の奴隷 – My Bro Is My Slave – 2019年10月のラフ画 – Rough Drawing on October 2019をアップしました。
 兄貴分が年下や目下の者から調教されるというネタ、大好き。

「Pixiv FANBOXって何?」という方は、こちらをどうぞ。
Pixiv FANBOX:よくある質問