カテゴリー別アーカイブ: 単行本情報

語りおろし本『ゲイ・カルチャーの未来へ』10月31日発売


 10月31日にPヴァイン(ele-king books)から、私にとって初めての文字だけの単行本『ゲイ・カルチャーの未来へ』が発売されます。
 とりあえずは、出版社による紹介文がこちら。

変わりゆく社会へのまなざしと力強い励まし。

『弟の夫』の著者がLGBTブームのいまだからこそ語る、その半生、創作の源、エロティシズムの探求、欧米と日本社会――

————
ただ、とにかく自分自身に関しては、自分まで自分の敵になったら本当に悲しいから、たとえ世界中や親兄弟が敵になっても、自分だけは自分の味方でいなさいよ、とは言いたいです。それは本当に大事だと思います。そのためにも、無理にでも自分を好きになる努力をしなさいということは言いたい。 (本書より)
————

初の一般誌連載作品『弟の夫』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞し、広く注目を集めているゲイ・エロティック・アーティスト、田亀源五郎。国内外にコアなファンを持ち、日本のゲイ・アートを支え続けてきた巨匠がいまこそ語りつくす、生い立ち、創作の源、ゲイ・エロティシズムの探求、変わりゆく社会へのまなざし……。日本と世界のゲイ・ポップ・カルチャーの過去・現在・未来を繋ぐ1冊!

 どういった本かというと、今年の夏に複数回にわたって収録された私のロング・インタビューを、語りおろし本という形に編集/再構成していただいたものです。
 編集を担当してくれたのは、先にジョン・グラントとの対談記事「何を歌い、どう描くか──ゲイ・アーティストたちのリアリティ」をセッティングしていただいたことがきっかけで知り合った、ライターの木津毅さん。そんな木津さんとのお仕事を離れた茶飲み話が、いつの間にかこういう本に発展しました。

 大まかな内容は、『弟の夫』製作に関するあれこれ、セクシュアリティの自覚と自己受容に至る生育史、ゲイ・エロティック・アートを手掛けるようになった経緯やポリシー、日本のゲイ文化の現状と未来についての考察……などなど。
 ご参考までに、以下に本の目次を掲載しておきます。

イントロダクション

1.『弟の夫』ができるまで
  「結婚する権利の平等」という衝撃
  ゲイをよく知らない人に向けて
  考えることから始まる

2.性の目覚め、カミングアウト
  「おかま」と言われても
  パゾリーニに興奮した中学時代
  ゲイの自覚、海外文化の教え
  隠さないと決めた理由

3.ゲイ・エロティック・アートティストとして
  誰も描かなかったゲイ・ポルノ漫画
  初の長編作の革新性
  ゲイ・エロティシズムとは何か
  日本と海外の違い

4.LGBTブームと日本の現実
  ゲイ雑誌とリアルなゲイ社会
  いまのブームに思うこと
  カミングアウトしづらい国

5.ゲイ・カルチャーの未来へ
  『弟の夫』が呼んだ反響
  日本が変わるチャンス
  意志さえあれば

あとがき

 かなりあれこれ好きに喋ってますので、『弟の夫』以降急速に増えた拙インタビュー記事や、BlogやTwitterや、以前はゲイ雑誌でもたまに書いていた、私の真面目系のテキストが好きだという方なら、面白く読んでいただけるのではないかと。あ、あとトークショーの内容が面白かったという方にも。
 それともう一つ、個人的な希望としては、若いゲイの人たち……中でも特に自己受容に悩みがある人や、あるいはゲイ文化の表現者を志している人に、届いてくれるといいなと思っています。

 表紙イラストは描きおろし。世代間で未来に何かを繋げていくイメージ+ホモエロティシズムという感じで描いてみました。
 装丁は白を基調に、全体をマットニス仕上げの中、フラッグ部分だけは金の箔押し。カッコ良くて美麗!

 というわけで、是非一冊お買い上げください!

『エンドレス・ゲーム』電子書籍版配信スタートです



 2014年に出たマンガ単行本『エンドレス・ゲーム』の電子書籍版が、9月25日から各電子書店で配信スタートしました。
 長編「エンドレス・ゲーム」と中編「転落の契約」の二作品を収録。

 電子版には紙本と同じ内容の合冊版と、収録作品それぞれをお手軽な値段で購入できる分冊版(マンガ本編のみ収録。初出一覧とあとがき、プロフィールは入っていません)があります。
 局部修正は紙本と異なり、大きめのモザイクになります。具体的にどのように違うかは、こちらのページ下方にあるサンプルでご確認ください。

 以下、各作品の内容紹介と、代表的な電子書店としてアマゾンKindleへのリンクを貼りますが、楽天Kobo、Google、DMM、他でも配信されているので、普段ご利用の電子書店がありましたら、作品名か著者名で検索して探してください。(アダルト書籍なので要ログインの場合あり)

【合冊版】
『エンドレス・ゲーム』
 紙本と同じ内容のフルバージョン。

【分冊版】
「エンドレス・ゲーム」
 謎の男に導かれてセックスの快楽を追い求める青年の話。自分でも気に入っている作品で、非SM作品で強要や強姦は全くない合意のセックスのみ……だけどエロエロさは保証という長編です。

「転落の契約」
 元プロレスラーの焼肉店店長(ヒゲ毛深マッチョ)が、ヤクザめいた中年男に奴隷調教されて堕ちていく、典型的な田亀印(笑)中編。ゴツいオッサンが責められるゲイSMで抜きたい方にピッタリの一本。

 さて、この『エンドレス・ゲーム』で、これまでポット出版から出させていただいたゲイエロマンガの単行本は、全て電子化されました。
 紙本と同じフルバージョンと同時に、それぞれ一作品ごとの分冊版も出ているので、ご参考までに、それらのアバウトな内容分布をマトリックスにしてみました。
 分冊版はページ数に応じてお手ごろ価格になっているので、よろしかったらお買い物の参考にどうぞ!

 それぞれの詳しい内容紹介やAmazon Kindleへのリンクは、カテゴリー・メニューの《単行本情報》をクリックすると、まとめてご覧いただけます。

『嬲り者《復元完全版》』10月12日発売



 新刊ゲイアダルトマンガの単行本『嬲り者《復元完全版》』が、10月12日にポット出版プラスから発売されます。
 同作は1991〜93年に雑誌「さぶ」に連載された、私の処女長編マンガ。94年にBプロダクトから、直販限定の単行本として発売されました。
 今回の復刊では、旧版のコンテンツは全て収録しつつ、更に白抜き部分を加筆した《復元完全版》でのリリース。ボーナス・コンテンツとして未使用原稿も収録。

 版元であるポット出版のサイトでは、先行予約購入者様対象の直筆サイン本サービスがあります。
 2017年9月19日(火)午後1時に予約受け付けスタート。先着50名様となります。
 お申し込みは下記リンク先ページからどうぞ。
ポット出版|嬲り者《復元完全版》

 終了しました!

【復元完全版とは?】
 この作品発表当時の「さぶ」では、局部の修正は全消しがデフォルトでした。『嬲り者』もその基準に合わせて、雑誌掲載時も旧版単行本も白の全消しになっています。
 今回の復刊にあたって、その全消し部分に新規加筆した《完全版》を製作し、その上から新たに、現在の基準に合わせた修正(ポット出版の場合は白棒消し)を入れています。
 実際にどの程度の違いがあるかは、下の比較画像をご覧ください。

(注:これは紙本バージョンの修正サンプルです。電子書籍版は大きめのモザイク修正になります。具体的にどのようなものかは、こちらのページ下方にあるサンプルでご確認ください)
 ではなぜ《復元》なのか? これは、単行本に収録されている新規のあとがきでご確認を。製作当時の裏話などを交えて、いろいろ解説しております。

 電子書籍版も同時配信開始です。
 お値段は紙本よりお手ごろになっていますが、局部の修正方法は粗めのモザイクによる全消しになります。
 具体的にどんな感じかは、こちらのページ下方にあるサンプルでご確認ください。

『冬の番屋/長持の中』電子版配信開始


 2013年7月に発売されたマンガ単行本『冬の番屋/長持の中』が、電子書籍化されて各電子書店での配信がスタートしました。
 収録作は長編「冬の番屋」と、中編「長持の中」「ACTINIA [man-cunt]」の、計3本。

 電子版には紙本と同じ内容の合冊版と、収録作品それぞれをお手軽な値段で購入できる分冊版(マンガ本編のみ収録。初出一覧とあとがき、プロフィールは入っていません)があります。
 局部修正は紙本と異なり、大きめのモザイクになります。具体的にどのように違うかは、こちらのページ下方にあるサンプルでご確認ください。

 以下、各作品の内容紹介と、代表的な電子書店としてアマゾンKindleへのリンクを貼りますが、楽天Kobo、Google、DMM、他でも配信されているので、普段ご利用の電子書店がありましたら、作品名か著者名で検索して探してください。(アダルト書籍なので要ログインの場合あり)

【合冊版】
『冬の番屋/長持の中』
 紙本と同じ内容のフルバージョン。

【分冊版】
「冬の番屋」
 雪に閉ざされた北国を舞台にした、クマ系老人とぬぼっとした青年の、文芸風叙情ラブロマンス。非SM。『弟の夫』が好きで、エロも大丈夫で、でもハード過ぎるのはちょっと…という方にイチオシの作品。自分でもお気に入り。


「長持の中」
 ショタ系SM。義父から長持の中に閉じ込められた息子の、暗黒文芸風ハード浪漫。キツいです。内容も非良識的です。でも完成度は高いかと。ショタOK、SMOK、暗黒OKな方だけどうぞ。


「ACTINIA [man-cunt]」
 近未来のマッチョ軍人が人体改造される、奇想ハードコアSM。多くの人がドン引きしつつ、一部から熱狂的に支持された内容。非初心者向けですが、『家畜人ヤプー』好きなら大丈夫。


同人誌『Black & White』通販開始しました



 6月に開催された野郎フェス2017で頒布した同人誌、モノクロ画集『Black & White』の、Boothでの通信販売を開始しました。

野郎フェス2017リリースの同人誌『Black & White』の紙本。
モノクロのイラストレーション集です。
版型はB5版(マンガ週刊誌サイズ)、本文モノクロ、表紙のみカラー印刷+クリアPP貼り。総ページ数は表紙を含めて56ページ。
紙本の在庫がなくなり次第、販売終了となります。再版および電子化の予定はありません。

日本国内の他の本では見られない、レア作品を集めました。
描きおろし新作、未発表作、海外メディアや個展向けに描いた日本国内では未発表作品のほか、かつて雑誌「ジーメン」「さぶ」「薔薇族」などに発表した、単発イラストや挿し絵などからも、幾つかより抜いて収録。また、あまり発表の機会がない、ショタ系の絵も少しあり。

「イベント行けなかったけど、本は欲しかった!」という方は、お早めに下記リンク先でご注文ください。
Black & White – 田亀源五郎’s Booth

【2017年8月24日追記】
『Black & White』、初回分完売しました。手元に少し残っている予備分を、後日追加入庫予定です。
 この追加分の在庫がなくなった段階で、日本国内での頒布は終了となります。ご希望方は、Booth商品ページで「入荷お知らせメールを受け取る」を登録するか、拙Twitterでのお知らせをお見逃しなく!

【2017年9月30日追記】追加入庫分も含めて在庫全て完売したので、混乱をさけるためにBoothの販売ページを非公開にしました。これにて販売終了となります。

【内容見本】

 Boothでは、マンガ同人誌『呪縛の性奴』の電子版(PDF)も、ダウンロード販売しております。
 よろしかったら、こちらもどうぞ!

呪縛の性奴(PDF版) – 田亀源五郎’s Booth

『銀の華』電子版配信開始


 2012年にポット出版から発売された単行本『銀の華 <復刻版>』全3巻の電子版が、7月25日から配信開始されています。
 元々は「バディ」誌に1994年から1999年にかけて連載した長編マンガで、2001年から2002年にかけてジープロジェクトからゲイショップ直販オンリーという形で単行本化され、2012年に一般書店流通版としてポット出版から復刻出版された作品。
 単行本としては総計900ページ越えという、私の長編マンガの中でも最も大量のボリュームであり、内容の方も、専業作家になって最初の作品ということもあって、当時の自分が持てる力を全て注ぎ込んだ渾身の一作です。
 因みにタイトルを「ぎん の はな」と間違って覚えている方も多いですが、正しくは「しろがね の はな」です。注意してくださいね(笑)。

《内容見本》

 電子版は、紙本と同じく上中下巻に分かれたバージョンの他に、全一冊にまとめた合冊版もあります。
 未読の方はこの機会に是非どうぞ。

・上巻

・中巻

・下巻

・合冊版

『弟の夫』4巻(完結)7/12発売&サイン会(7/23)のお知らせ


 単行本『弟の夫』4巻(完結)が7月12日に発売になります。
 長いようで短く、短いようで長くも感じられた、この一般マンガ雑誌での初連載作品ですが、無事、理想的な形と長さで完結させることができました。そして私にとって、とても大事な一作となりました。
 既刊単行本をお買い上げの皆さまには、どうもお待たせいたしました、そして未読という方には、この機会に是非まとめてお読みいただければと。
[amazonjs asin=”4575850055″ locale=”JP” title=”弟の夫(4) (アクションコミックス(月刊アクション))”]

 既刊の3冊と同様に、今回も一部書店さまでは、ペーパー等の特典が付きます。
 これに関しては、情報が解禁になり次第、このエントリーに追加してフォローアップいたします。

《7月10日追記》
 書店さま特典情報が公開されました。一部書店さまでは単行本購入で下記のカードが特典として付きます。

 詳しくはWebアクションの情報ページでご確認ください。
Webアクション:【7/12(水)発売】田亀源五郎先生『弟の夫』完結④巻特典情報


 単行本4巻発売&完結記念に、7月23日(日)に、紀伊國屋書店新宿本店にてサイン会をやらせていただきます。
 要事前申し込みで、参加をご希望の方は紀伊國屋書店のウェブサイトから事前に応募の必要があります。
 応募期間は6月9日〜7月2日。定員オーバーの際は、先着順ではなく抽選となります。
 詳しくは下記リンク先でご確認ください。
紀伊國屋書店:【新宿本店】田亀源五郎先生『弟の夫』④巻発売&完結記念サイン会

《7月14日追記》
 電子版は順次配信されるとおもうので、ご利用の電子書店を各自ご確認ください。とりあえず、Amazon Kindleと紀伊國屋Kinoppyで配信スタートを確認しました。
 Amazon Kindle版はこちら。

 余談。
 振り返ると実に様々なことがあり、思い出語りを始めるときりがなくなりそうですが、ちょっとだけ。
 連載スタート時&単行本1巻発売時には、果たしてこれがどれだけ一般マンガの世界で受け入れられるのか、期待より不安の方が上回っていましたが、思わぬご好評をいただけたり、また、文化庁メディア芸術祭で優秀賞をいただいたり、アングレーム国際マンガ祭のオフィシャル・セレクションに選ばれたり……と、全てがほんの数年前には、全く想像もしていなかった出来事ばかりでした。
 登場キャラクターたちに対する私自身の思いも、ちょっと格別なものがあり、モノガタリ的にはここで終わらせるのがベストの選択だと思いつつも、同時に、これで彼らとサヨナラするのが、とても淋しかったりもします。
 でも、泣いても笑っても、これでお終い。
 今はまだ、ちょっと完結ロスというか、そんな感傷にとらわれたりしていますが、サイン会が終わる頃には、それも軽減していることを願いつつ、また新しい仕事にチャレンジしていきたいと思っております。

『田舎医者/ポチ』電子版配信開始


 2012年4月に発売されたマンガ単行本『田舎医者/ポチ』が、電子書籍化されて各電子書店での配信がスタートしました。
 内容は中短編集(16〜54ページ)で、収録作は「田舎医者」「スタンディング・オベーション」「傀儡廻(くぐつまわし)」「ポチ」「ジゴロ」「LOVER BOY」「見知らぬ土地で奴隷にされて…」「43階の情事」の計8作。

 電子版には紙本と同じ内容の合冊版と、収録作品それぞれをお手軽な値段で購入できる分冊版(マンガ本編のみ収録。初出一覧とあとがき、プロフィールは入っていません)があります。
 局部修正は紙本と異なり、大きめのモザイクになります。具体的にどのように違うかは、こちらのページ下方にあるサンプルでご確認ください。

 以下、各作品の内容紹介と、代表的な電子書店としてアマゾンKindleへのリンクを貼りますが、楽天Kobo、Google、DMM、他でも配信されているので、普段ご利用の電子書店がありましたら、作品名か著者名で検索して探してください。(アダルト書籍なので要ログインの場合あり)

【合冊版】
『田舎医者/ポチ』
 紙本と同じ内容のフルバージョン。

【分冊版】
「田舎医者」
 明るいヤリまくり系ゲイエロ。非SM作品で、自分でもお気に入りの一本。楽しくエロを読みたい方にオススメ。

「スタンディング・オベーション」
 拷問系SM。そこそこハードな内容。ガチムチ男子が苦痛に悶絶するのがお好きな方向け。

「傀儡廻(くぐつまわし)」
 奇想系エロ。内容は、魔太郎がくる+南くんの恋人(笑)。身体縮小フェチの方ならマスト。

「ポチ」
 羞恥&心理系SM。苦痛要素はなし。SM好きだけど痛いのはパスな方、リーマンもの好きの方、年下に調教されるシチュが好きな方にオススメ。

「ジゴロ」
 メス堕ち系の凌辱もの。私のマンガでは珍しく細眉茶髪の若者が受け。フェチ要素はガットパンチングなど。

「LOVER BOY」
 非SMのノンケ喰い合意エロエロ。イケメン好き、メガネキャラ好き、ノリ良く楽しく抜きたい方にオススメ。これも自分でもお気に入りの一本。

「見知らぬ土地で奴隷にされて…」
 ショタ系ハードSM。かなり容赦ない展開なのでご覚悟を。元来は単行本用の描きおろし作品で、他の収録作も読んでいること前提で描いているので、これ単独で読むとオチが判りにくいかも?

「43階の情事」
 リーマン系ハードSM。これだけかなり古い作品なので、他と絵が違います。確か『銀の華』と『外道の家』の間に描いたもの。

6/10(土)野郎フェス2017参加します。新刊あり(E22 / Bear’s Cave)


 6月10日(土)に開催される同人誌即売会「野郎フェス 2017」(大田区産業プラザ PiOホール)に参加します。
スペースナンバーはE22、サークル名はBear’s Cave。

 頒布予定物は新刊同人誌『Black & White』のみ。
 内容はモノクロのイラストレーション集。
 描きおろしの新作、未発表作、海外メディアや個展向けに描いた日本国内未発表では作品のほか、かつて雑誌「ジーメン」「さぶ」「薔薇族」などに発表した単発イラストや挿し絵などからも、いくつかより抜いて(古いものは20年以上前の絵!)収録、また商業ではあまり発表の機会がない、ショタ系の絵もちょびっと……という感じで、さしずめレアコレクションという感じでしょうか。
 描きおろしの新作の中には、最近ちょっとハマっている、iPad Pro + Procreate という組み合わせだけで仕上げてみた作品も入っています。

 版型はB5版(マンガ週刊誌サイズ)、本文モノクロ、表紙のみカラー印刷+クリアPP貼り。総ページ数は表紙を含めて56ページ。
 イベントご来場の方は、是非スペースにお立ち寄りを。
 わりと部数に余裕を見て刷ったので、そんなに焦らなくても完売はないはずです。マンガ本じゃなくてイラスト集だし(笑)。
 たぶん在庫も出ると思うので、その際は通販等の販路を考えます。
 電子版の販売は、申し訳ないですが今回は見送る予定。


 また、拙スペースでの頒布物は、上記のイラスト本一種のみですが、会場には「まんだらけ」さんが企業ブースを出す予定で、そこで先日発売された、拙イラスト入りオリジナル手ぬぐいと、ポット出版から出ているマンガ単行本(新本)を販売されるそうです。
 ご来場の際は是非、そちらにもお立ち寄りを!

『童地獄・父子地獄』電子版配信開始


 2010年にポット出版から発売されたマンガ単行本『童地獄・父子地獄』が、電子書籍化されて各電子書店での配信がスタートしました。
 表題作である160ページの長編『童地獄・父子地獄』に加え、短編3本(『Der fliegende Holländer』『哀酷義勇軍』『告白』)を収録。

 電子版には紙本と同じ内容の合冊版と、収録作品それぞれをお手軽な値段で購入できる分冊版(マンガ本編のみ収録。初出一覧とあとがき、プロフィールは入っていません)があります。
 局部修正は紙本と異なり、大きめのモザイクになります。具体的にどのように違うかは、こちらのページ下方にあるサンプルでご確認ください。

【簡単な内容紹介】

『童地獄・父子地獄』

父子責め時代劇で、内容はハードSM。恥辱や拷問に加えて、強制父子相姦なども。SM嫌いの方にはオススメいたしません。

『Der fliegende Holländer』

イケメン系サーファーと海賊たちの綺譚系ポルノ。肉便器とか鞭打ちとか。

『哀酷義勇軍』

ショタ系SM。近未来の軍隊を舞台に、羞恥と凌辱がメイン。

『告白』

ゴツいオヤジ系刑事と若いチンピラやくざの話。SM要素なし、ラブ要素あり。

 とりあえず、代表的な電子書店として、アマゾンKindleへのリンクを下に貼りますが、楽天Kobo、Google、DMM、他でも配信されているので、普段ご利用の電子書店がありましたら、作品名か著者名で検索して探してください。(アダルト書籍なので要ログインの場合あり)

【合冊版】童地獄・父子地獄

【分冊版】童地獄・父子地獄

【分冊版】Der fliegende Holländer

【分冊版】哀酷義勇軍

【分冊版】告白